欲を大切に生きよう。「なにをやりたいのかわからない」と思ったら。

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
「自分がなにをしたいのか、わからない」
「生きている実感が希薄で、空虚感がある」
といったご相談を、しばしばいただきます。
 
はてさて、なにが起こっているんでしょう?
 
紐解いていくと、ご本人が「欲」を禁じている場合があります。
 
 
欲がないと、人生が漂流します。
 
自分がほしいものがわからないので、誰かの「こうあるべき」に流されてしまう。
 
 
楽しい! 幸せ! そんな実感を持って生きるためには、「欲」が大事なのです。
 
 
 
「なんだか、生きる実感が持てない……」
「人生が漂流している」
 
そんなときは、「あれがほしい」「これがほしい」「恋したい!」など、自分の欲を禁じていないか、振り返ってみてくださいね。
 
 
 
そして「欲を持ってはいけない」という思いを打破するには、「欲を持ってはいけない」という価値観がどこからきたんだろう? と振り返ってみてくださいね。
 
もしかしたら、親の価値観が「苦労するのが当たり前」「楽してはいけない」なのかもしれません。もしくは、世間の「苦労して成功する」といった美談に流されているのかもしれません。
 
 
親や世間の価値観と、自分の幸せは別物です。
 
あれがほしい、これがほしい、恋したい!
  
そんな欲を大切に、人生を思い通りに!進めてくださいね。
 
 
適職診断をご利用のOさん。
欲の大切さに気づいたそうですよ。
 
(掲載許可をいただいています)

とうこさんが最後に、「幸せになってくださいね」って言ってくれたとき、ドキッとしたんです。ドキッというか、ギクっていうか・・・ずっとモヤモヤしていて。
 
「幸せになりたい」って、ほんとは思ってない事、ばれてる?
 
っていうのが、しっくりくる感情でしたー(愕然)!!
 
 
 
なんでだろうか・・・ずっと考えていました。
今まで、欲を持ってはいけないと思っていたけれど、幸せになるためには、欲をもたないとなのでは?と気づきました。
 
欲を持ってはいけないって、真面目に受取りすぎて、自分を見失いがちだったのかな?と。

 
楽しいと思う事をしていくってことは、自分がどうしたいのか?(欲求)を、問い続けていくことであって、
 
欲を持ってはいけないとか、目立ってはいけないとか、誰かに(??)譲らないといけないとか、自分の人生なのに、誰かを主役にしようとしていたことにも、気づいてしまいました。
 
自分が一番自分のことを、ないがしろにしていたのかもしれません。まだ少しづつですが、自分で自分を褒めていけるように、自分を主役に戻すように、どうしたいのか(欲)を、もっと意識してみます。
 
 
 
繊細かつシャープな感性を生かして、高貴に生き、
楽で、ひまで、自由な時間がたくさんある(管理・監視されない)、
癒しキャラで仕事をし、
投資でザクザクお金を得て、旅行して、おいしいものを食べて、
おしゃれして、欲しいものは手に入れて、パートナーを得て、幸せになる!!
  
これがいまの欲です 笑!!

 
Oさん、ありがとうございます。
 
欲は、幸せに生きる原動力です。
欲を大切に、自分が主役の人生を謳歌してくださいね^^!!
 
 
◆関連記事
欲は生きる力だ。自分で自分を悦ばせ、この世を謳歌する原動力。