バナナは北極でがんばらない。暖かい場所に移る。

こんにちは、繊細の森もりばん・いせざきとうこです。
 
繊細さん・HSPの方々からお仕事のご相談をいただく中で 
「僕は仕事が出来なくて」 
「自分の努力が足りないのかな」という言葉を聞くことがあります。 
 
※繊細さん(HSP Highly Sensitive Person)については、【こちら】をご覧ください。
 
 
自分に合わない・向いていない職種や雰囲気の中で働いている方は
繊細さんならではの「気がつく力」「感じる力」を封じている場合が多いです。
 
本来備わっている自分の力を使えない場所にいると
結果として成果が出にくく、できない自分を責めがちになります。 
 
 
 
向いていない・合わない仕事や職場にいる人と感じている方は 
今いる場所に合わせるよりも 
自分を活かせる場所に移ることを考えてみてください。
 
 
 
自分を活かせる場所というのは 
・好きなことや得意分野を活かせる場所 
・自分の性質や特長が歓迎される場所 
です。 
 
繊細な人々は、「感じやすい」「気づく」という性質から 
働く環境を選ぶことがとても大切です。 
 
 
合わないところで努力するより、合う場所に移ったほうがいい、というのは 
下の例でみてもらうと、わかりやすいかと思います。 
 
---- 
 
<北極に生えてしまったバナナ> 
 
 
北極にいるバナナに 
「努力が足りない! もっとがんばれ!たくさんの実をつけろ!」 
って言うのは筋違いです。 
 
バナナは 
・北極で我慢してがんばる!(=合わない場所にいる) よりも、 
・あったかいところに移る(=自分を活かせる場に移る) 
方が、のびのびと楽しく、実を結びます。 
 
 
向いていない場所で結果を出そうとするのは、 
バナナが北極で実をつけようとするようなものです。 
 
ある程度努力でカバーできても、心身に大きな負担がかかります。 
 
 
バナナが力を入れるべきなのは、 
「北極で実をつけようと努力すること」ではなく、 
「あたたかいところに移動すること」です。 
 
自分を活かせる場所に移る、ということです。 
 
------ 
 
 
自分を活かせる場所を探すときは 
これまでの経験に縛られず 
違う業界・会社・職種・職場環境など、あらゆる角度から見つめなおすのがおすすめです。 
 
畑違いの職種・業界に移って、活き活きと働くケースもあります。
 
 
 
まずは自分に正直に 
・どういう場所で 
・どういうふうに働きたいのか? 
ゆっくり考えてみるのがおすすめです。 
 
 
 
・自分に合うお仕事を知りたい場合は、【お仕事診断】 
・人生をじっくり考えたいなという場合は、【なんでも相談室】 
をご利用いただければと思います。 
 
 
和やかにお話しながら、あなたに合う仕事を一緒に見つけましょう。 
 
 
◇関連コラム
【コラム&ご感想集】転職・仕事・起業。自分に合う仕事の選び方。
異分野へ転職したいとき。使う力をみてみよう
合わない仕事を長年続けた。克服し続ける人生から、心が充実する人生へ。
お仕事・人生。好きは好きでも、なにが好き?
 
◇ご相談窓口はこちらです。
・自分に合う仕事を知りたい方向けの適職診断→【お仕事診断】
・繊細さんならではのお悩みや人間関係のご相談→【なんでも相談室】
 
 

※繊細の森について 
 
繊細の森では、内向的で感受性が豊かな「繊細さん」を応援しています。自分らしく進むためのヒントをコラムとして発信したり、繊細さん同士がつながる場所として繊細さんリンク集の公開を行っています。また、定期的なメルマガの配信や、繊細さんならではの悩みを相談できるなんでも相談室も行っています。気になったコンテンツを見てみてくださいね。