「変であれ!!!」変わっていることに悩むHSPへ。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
  
人と違うことに悩んだり傷ついたり。
 
自分も過去そうであったし、まわりと感覚が違うことへの孤独を聞くこともあります。
 
「まわりと違う」という悩みは、繊細な人やHSP(Highly Sensitive Person)に起こりがちです。
 
周りの人が持っていない感覚の強さーーー感じる感覚や気づく力、深くまで考察する力を持っているから、「違いに悩むこと」は、起こるべく起こるのです。
  
 
 
まわりと違う時、「なんで、わかってくれないの」と、「わかる力を持たない相手」を責めるのは違うね。
  
誰も悪くない、自分も悪くない。
 
ただただ、わかりあえるひとがいなくて(いたとしても少なくて)孤独。
 
変わっている人には、そういう「構造上の問題」が起こることがあるのです。
 
 
tuki-400
 
 
私自身も過去、「言葉が通じない」という、平面の海でひとりだけぽっかり顔をだしてしまったような、圧倒的な寂しさを感じていた時期がありました。
 
 
寂しい、寂しい、とたくさん叫んだ末に、言葉が通じるひとに出会い、
 
心の最深部にはいけなくても暖かく見てくれる人たちにも、たくさん助けてもらって、
 
いま、深い考察や想いを含めて、あたたかく交流できる相手がたくさんいます。
 
 
15338694_574527082879057_8241747106299702263_n
 
 
まわりとの違いに悩む人が、この投稿を読んでくれていたら
  
「変であれ!!」
「変を極めて、自分の”普通”が通じる相手を見つけに行こう!」

 
と、エールを送ります。
 
 
 
変わっているひとは、一般的な世界で仲間を求める限り、孤独を感じます。
 
一般の世界は、どうしたって、平均的な感覚を持つ人が集まるからね。「変」なひとの数が少ないのです。
 
自分の変わっているところを認めたうえで(←大事)、一般の世界を出て「自分にとっての普通」が通じる相手をみつけに行くのが良いです。
 
 
o0500037513080238765 (1)
 
  
「わたしはこう思う。誰か、これを理解する人がいませんか」と、広い世界に発信して、みつけてもらう。世界に問う。
 
わたしも繊細の森も、そんなふうに始まって、今ではたくさんの方が見てくださっています。
 
※発信が苦手だったら、変な人が集まる場に行くと良いよ。マニアックな勉強会とか、マニアックな人が集まるバーとかね。
(土曜日のHSPセミナーも、世の中的にみればずいぶんマニアック…!笑)
 
 
 
あなたが、あなたの「変」を極めて
その先に「普通」が通じる相手を見つけますように。
 
心よりエールをおくります。
 
「変であれ!!」
「変を極めて、自分の”普通”が通じる相手を見つけに行こう!」

 
 
April_29__2016_at_0445PM
 
 
◆関連記事
想いが伝わらない時。相手は「わかるちから」を持っているかな?
親・配偶者など、身近な人に繊細さを理解してもらえない時に確認すること。
 
共感できる相手に出会うことを、あきらめない。HSP・ナツさんの物語(5)
発信するということ。~誰かに届く。
 

テーマ:繊細さと上手に付き合う |2016-12-14

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan