生き残るための強みは、手放そう

生き残るための強みは、手放そう。

~繊細な人・内向的な人・感受性豊かな人・HSPが自分を活かすためのコラム

こんにちは、繊細の森・もりばん・武田とうこです。
繊細な方、HSP気質のみなさまからのご相談を、お電話・スカイプにて承っています。
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
適職診断では、その人の強みをみます。自分の強みを仕事に使えると、スイスイ成果がでて働きやすいからね。
※強み=生まれつき得意なこと。自然にできてしまうこと。
 
 
ですが、ご相談をうけていて
「うーん、たしかに強みなんだけどね。その強みを使うのはやめませんか」
とお伝えすることがあります。
 
強みのなかには本人を苦しめるものがあるのです。
 
なにかというと「生き残るために必要で、強みになってしまったもの」
 
 
 
生きる上で必要だった力が強みとして現れることがあるのです。
 
IMG_6806
 
 
わかりやすい例だと「自分の感情を封じて平然としていられる」という強み。幼い頃から感情を出すことが良しとされなくて、育てざるをえなかった強み。
  
この強みのおかげで「苦しい場所でもやっていけた」として…この強みをどんどん使おう、磨こうとは、やはり言えないです。強みを磨くことで「自分のありのままで生きる人生」からどんどんそれてしまう。
  

※わかりやすいものを出しましたが「生き残るための強み」って、わりと誰でも持っています^^; あなたの強みも、実は「生き残る強み」かも?
 
  
この強みは、生き残るため強みなのかしら…? そう思った時、見分けるポイントは
 
・強みを使うと人間関係や仕事が一見うまくいくんだけど、心の奥が悲しい。辛い。
・強みを使わないのがとても怖い
・「やめていいんだよ」と言われると反発する。でも、ほっとする
 
です。
 
 
 
生き残るための強みに気づいたら、その強みを一度止めます。生き残るために発達させた強みなので「止めたら生きていけないんじゃないか」ぐらいに、とても怖い。それでも止めます。
 
プライベートやパートナー相手など安心できる場所で、少しずつ「それをしなくても、生きていける」と実感します。そして最終的にはその強みをガンガン使っていた場(仕事など)でも止める。
 
 
その強みが「ありゃ。なくても大丈夫だな…?」になったころ、本来の素の強み――めいっぱいの幸せ♡に使える強みが、ひょこっと顔を出します。
 
 
強みは、幸せのために使ってね^^
 
 
◆関連記事
強みに振り回されない。~人生でなにをしたい? なにがほしい? 
強みは幸せのために使う。~幸せと仕事を、強みがつなぐ。 
強みで「人生の幸せ度」を上げる方法 
 

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan