「どんなことも今の自分なら 安心して自分らしくできると思います。」〜変わろうともがいた末に。

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
お客様のご感想です。
 
今の仕事をやめ、興味のあることを学びに学校に通うことにしたYさん。職場を離れるまでの葛藤と、新しい道を選んだ安心感が、お便りに書かれています。
 
「変わらなきゃ」が終わり、深い安心感がやってくる。
Yさんの道のりを、ぜひじっくり読んでほしいと思います。
 
(掲載許可をいただいています)

  
武田とうこさま
 
先日再び、なんでも相談室を
利用させていただきありがとうございました。
 
今思うとあのとき、まだまだ自分で選択をするということに不安で、フワフワした相談になってしまったかなと申し訳なく思っております…
 
そんな話でも、私の現状をあぶり出していただき、自分もまだまだ見落としていた本音を抽出していただきました。やっぱりとうこさんの技、というかお仕事はすごいな、素敵だなと思いました。
本当にありがとうございました。
 
 
コラムを拝見して、
自分の今までのプロセスと重なるところが
あるなと思ったら
そのプロセスの総まとめが頭の中ではじまったので
その勢いで、と言っては変ですが……
 
その後のことと思ったことなど
まとまりがないかもしれないですが
お知らせしたいなと思います。
 

 
1月末ごろに、インフルエンザでもなく、
風邪にしては発熱が謎に続いてしまい、
思いがけず長めの休養をしました。
 
休むことだけをした休みは初めてと
言っていいくらい、ほぼ寝込んでいました。
 
 
これまでわたしは、いつも何かしらを考えていたと思います。それも「こんな自分じゃだめだ」
「どうしたら変われるかな」なんてことばかり。
寝込んで何もしていないときなんてなおさらです。
自分に合わない場所にいて、なおかつそれに気づいていない状態が続いてしまいどんどんあせってしまったんだと思います。
 
でも今回は、物足りないとさえ思うくらい、
そんな考え事がもうでてこなくなっていました。
ああ、もう一通り考えつくしたんだな。
耐えたりもがいたりしながら、答えをだせて、
ほんとにがんばったな。と、
改めて自分を認めることができました。

 
そんなふうに休みを過ごしていたら、
現職場で働く残り日数は、もう心身ともに
負担の無いくらいになっていて、
助かったと言っては変ですが…
 
気力も体力も限界がきそうだなと思いつつ
今仕事を休むのは気持ちにかかる重さ的にも
耐えきれないな…と決め切れなかったので
結果として良かったです。
 
自己防衛本能というか、体からの緊急指令というか、
そんなものの働きで、最後の最後で
自分が自分を守ってくれたのかな…と思います。
  
 

 
 
振り返ると、
今に至る最初のきっかけは
HSPであるということへの気づきでした。
 
HSPというものがあることで、
 
「あれもこれも気になって、いちいち敏感でいやだなぁ、なんでこんななの……」
という嘆きが
 
「だってそういうものだから♪」
と肯定から入るようになり
 
 
「周りに合う自分づくり 」から
「こんな自分に合うことさがし」に変わりました。

 
 
そしてとうこさんのように、
悩んだりしてもそのあとで
自分のもっているものに気づいて発揮して、
社会の中で素敵な役割をもっている方が
いることはとても希望になりました。
 
 
 
HSPだけじゃなく、
人は色んな気質、性質、性格をもって
一人ひとり違う…それはなぜだろうとふと思ったときに、
 
たったの1人でも自分の役割をもって分担すれば、
例えば社会という大きなものでも
動かせるからかなと思いました。
 
人間の体でも、目では呼吸できないし
肺では歩けないし…笑
以前お話しくださった
北極にいるバナナのことなども思いだし…(^^)
自分に合ったことがやっぱり
1番力が発揮できるなぁと改めて思います。

 
 
これからやっていきたいことは、
好きなことであり自分のもっているものを
発揮できるものであり、
選べたことにとても安心しています。
 
仕事だけじゃなくどんなことも今の自分なら
安心して自分らしくできると思います。

 

 
色んな気づきに出会えて
自分の人生をつきうごかせたのは
とうこさんのおかげです。
本当にありがとうございます。
 
また何かありましたらぜひ
お会いしたいです。
 
長文お読みいただきありがとうございました。
  

 
◆Yさん、1年前のお便り
「最大の力を発揮して、いきいきと働いていける、誰もがそうなれる。」〜リピーターのYさん