退職の決意を伝えたSさん。合わない会社を辞めるのは、自分ために生きること。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
先週からぱたぱた、数名のお客さまより「職場に退職の決意を伝えました」とお便りをいただいています。
 
決断の季節ですね。
 
適職診断をご利用のSさまのお便りをご紹介します。(掲載許可をいただいています)
  

 
お久しぶりです。近況報告をさせていただきます。
上司と面談する機会があり、時期は早いのですが退職の決意について話をしました。
 
やはりすんなりと受けてもらえる反応ではなく、職場側は仕事の負担が軽くなるように対応を考えて下さると行った内容でした。もったいない、1つ1つやっていって自信をもってもらえれば、フォローはできる等、とても親切な言葉ばかりでした。
 
しかし、私の中では1つ1つやること、そして自信をつけること自体が苦しい。(今の職場にいると)今の自分ではいけない、変わらないといけないと思ってしまうんですね。
 

まだまだ辞めるまでにはハードルがありますが、この仕事から手を離す決意は変わりません。
 
周囲の言葉はこの業界にいれば当たり前の事。自分を苦しめる事を辞めるために、気持ちが凹む事もありますが今は目の前の事を1つ1つ終わらせていこうと思います。

  
Sさん、ありがとうございます。
 
お便りにあるとおり、ひとは、合わない職場にいると「今の自分ではいけない、変わらなければ」と思ってしまいます。
 
でも、合わない仕事や職場に自分を合わせるのは、素の自分を殺す行為です。たとえると「北極にいるバナナ」みたいなもの。
 
北極にいるバナナに、「がんばってたくさんの実をつけろ!努力すればできる!」といっても、不毛でしょう?^^;
 
バナナは南国でのびのびと実をつけたらいいよね。バナナが取り組むべきなのは、北極で頑張ることではなく、自分に合う場所に移動することです。
 
dda43c7ba64e5da83d9c3bd59470f633_s
 
 
自分を苦しめる仕事を辞めて素の自分を活かせる仕事につくのは、自分のために生きることです。
 
会社や誰かのためではなく、思い切りわがままに、自分のために生きていこう^^!
 
 
◆関連記事
バナナは北極でがんばらない。暖かい場所に移る。
自分に合う仕事をしよう。~向いてないもんは本当に向いてない(笑)
転職したTさん。10ヶ月後の嬉しいお便り
 


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】