全く別の角度からの【光】でした~人間関係のご相談から1ヶ月後のお便り。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
「職場の人間関係が辛い」とご相談にみえたKさま。
【ご相談レポート。職場が変わっても人間関係の辛さが起こる】
 
 
なんでも相談室から1ヶ月後、お便りをいただきました^^
 
 
お便りをブログで紹介させて頂いても良いでしょうか、とお尋ねしたところ
 
・・・・・・・・
私と同じように、抱え込み癖のある方や
ひっそりと泣いている方も多いと思いますので、こちらの返信も含め、
ご自由に使って下さいませ。
・・・・・・・・
 
とのコメントいただきました。ありがとうございます。
20150210-1
 
~相談室から約 1ヶ月後のお便り~
・・・・・・・・・・・・
 
とうこさん、夜分に失礼します。
 
相談室から約一か月。
 
いただいたアドバイスを咀嚼を繰り返して落とし込んでみたり、
実際に検証を繰り返したりしてみておりました。
 
正直、他の方にも相談させていただいておりましたが、
とうこさんの視点は全く別の角度からの【光】でしたので、
思いの外、揺らぎましたが、
【検証】をしてみないと気が済まない自分の気質もあり、
恐いと思いながら行動してみました。
 
 
そうしてわかったこと。
 
 
【また、大丈夫。
(人生で心身ともに一番つらかった時期より全然平気)
まだ、頑張れる】
と思っていたのは、思い込みだったこと、
 
致命傷では無くとも、斬られれば痛いのだ-ということを
感じないようにしている自分がいる。

 
我ながら不器用な生き方してるわーと、落ち込みました(^-^;)
それに気が付いたのって、つい2~3日前―ようやく泣けて一部の感情解放。
ココロの硬化の悪化って、中々気が付かないモノなのですね。
 
 
少しづつ少しずつココロがほぐれてきたことにより、
自分のココロの奥底に沈めていた願望・欲望の可視化の度合いも
大きくなってきましたので、それらを実現させるための行動を始めることに
ココロを決めました。
 
今回は、本当にありがとうございました 。
 
 
追伸
↓こちらのブログ記事で泣きました~。
【寂しくてどうしようもなかった頃。山口由起子さんへのメール。】
【山口由起子さんからのお返事。「深く、ひとを信じることができる未来」を信じること。】
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
20150210-2
 
相談室から2ヶ月半後
ふたたび、やりとりをする機会がありました^^
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
ようやく感情が出せるようになって、ちょっと泣いたりもしておりますが、
とうこさんのアドバイスのおかげで、
余裕のなさ100%→60%ぐらいになりまして、ずいぶん楽になりました♪
 
 
(略)
 
 
【八つ当たり】というキーワードを意識してみたり(効果絶大です!)
 
本当にキツイことを言われるは、2人きりの時が多いから
(自分が悪く思われないように)場を選んでたりもするんだろうなーと、
恐がりながらも時々は客観視できるようにもなってきました。
 
 
長年癒着してしまった【鎧】を脱ぐことは、
ベリベリとした内面の痛みを伴っていますが、
確実に心の新しい丈夫な【皮膚】も育っているんだろうな~という、
うっすらとした手ごたえも感じております。

 
 
【春】を迎えるには、もうちょっとかかりそうですが、確実に変わります私。
 
では、よろしくお願いいたします(^-^*)
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
Kさん、ありがとうございます。
 
こうして掲載してみますと
寄せられるお便りの雰囲気が、
1ヶ月後と2ヶ月半後では、ずいぶんと違います↑
 
おお、ふっくらなさってきた…!^^
ああ、良かったなぁ^^
 
と、しみじみ思うのです。
 
ご自分の笑顔あふれるほうへ、ゆっくり進まれてくださいね。
 
---
 
・変化の時かも?
・なにかがおかしい…! 同じようなことが繰り返される!
 
という方、なんでも相談室へどうぞ。
 
・あなたの心の中で、なにが起きているのか?
 
分析しまして、
おすすめの進み方(休み方)をご提案いたします^^

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan