「やりがいのあるものになるだろうと納得できた」〜仕事に達成感を持てなかったHさん

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
お客さまのご感想の紹介です。

今の仕事は、結果が出ても達成感がないというHさん。悩むポイントもつかめなかったそうですが、適職診断を受けて、やりがいのある仕事像がみえてきたようです。
 
(掲載許可をいただいています)

 
◇相談前は、どのような状態でしたか
 
仕事が辛い理由がぼんやりとしており、悩むポイントもつかめず。
 
元上司が天才的と評価してくれた今の仕事は頑張っても努力しても好きな形でまとまらず、いい結果になっても達成感がない。
 
自分の生き方にハテナがいっぱいでした。こんなぼんやりした自分では、相談聞くほうも大変だろうなぁと。
 
 
◇相談してみて、いかがでしたか。
 
価値観がはっきり、描いていただけた!ピントがあったという感じです。今の仕事においても努力のポイントが掴めた気がします。
 
また、感情のコンサルタントというキーワードをいただき、確かにそれはやりがいのあるものになるだろうと納得できました。
 
自分にはない切り口で、◯◯という職業は現実的でロジカル好きな私には縁遠いもので、正直びっくりしましたね。
 
 
◇これから「やってみたい」「やってみよう!」と思う行動がありましたら教えてください。

◯◯以外の選択肢も探してみようかと。収納や掃除も好きなので片付けコンサルタントもありかな?とか。
 
私自身が◯◯に対する偏見があり、まだ飛び飲む勇気がなく、知識も経験も中途半端なので、スキルアップする方法も考えてみようかと。
 
今の仕事は辛くても当たり前だといい意味で諦めもできたので、視点や方法を変えてみて、様子を見ようとも思ってます。
  

 
いくら成果が出ても、仕事そのものがやりたいこととズレていると、やりがいを感じにくいです。
 
成果が出ているだけに、自分がなぜ悩んでいるのかわからずにモヤモヤしてしまうけれど、「やりたいことじゃないから、成果が出ていても辛い」ということです。
 
やりがいも成果も、両方を満たすお仕事がいいですね。
  
Hさん、応援しています!
 
※適職診断では、やりがいと成果を同時に満たすお仕事をご提案しています。悩んでいる方は、一度ご相談にお越しくださいね。
 
 
◆関連記事
人気連載!「適職をみつける方法」
できるけど好きじゃない・苦しい仕事について。
できることとやりたいことがずれたらどうする?~専門職の試験をやめたFさん