自分の価値観を大切に働きたい方へ。〜自営業も視野にいれてみてほしい

今日のコラムは、自営業について。
自営業って、自分とは別世界という認識のひとも多いと思う。(かつて私もそうだったよ)
 
「自分で仕事をつくり、行う」自営業・フリーランス・起業は、自分の価値観を大切に働きたい人にとって、実は一番の早道であると感じます。

 
 

自分の価値観を大切に働きたい方へ。〜自営業も視野にいれてみてね

~繊細な人・内向的な人・感受性豊かな人・HSPが自分を活かすためのコラム

こんにちは、繊細の森・もりばん・武田とうこです。
繊細な方、HSP気質のみなさまからのご相談を、お電話・スカイプにて承っています。
【なんでも相談室】人間関係や生き方のご相談
【適職診断】仕事のご相談
【講座】繊細さんが、繊細なまま、のびのび生きる基礎講座@東京、大阪、オンライン
 
適職診断をしていると、組織の価値観と相談者さんの価値観が合わなくて悩んでいることがある。
 
例)教育系:自分は生徒が希望を持てるように指導したいけど、組織は生徒を追い立ててやらせる方針である
例)エンジニア:小規模改善でも足りる案件でも、売上のために営業部門は大規模改善を押す。こんなにコストかけなくてもできるのに…。
例)ボディワーカー:リピートしてもらうために、完全にお客さまを治さない風潮がお店にある。モヤモヤ
 
  
自分の価値観を一番大切にしたい。そんなとき、自営業あるいは起業するのが実は一番早いように思う。組織に入って幸せに働く人ももちろんいるのだけれど、組織に入ると、どうしても組織の方針に従わざるをえない。組織の方針とあわないとき、その面において、人は異分子になる。
 
人と人なら考えがすれ違うとき距離をとることができる。「干渉しないで」と言うことができる。しかし、組織に属しながら組織に干渉されずにいることは難しい。人と人が合わないなら、お互いに歩み寄ることができるけれど、人と組織がわないとき、譲歩するのは人の側なのだ。
 
※組織を変えるのは組織に属する人間全員の考えを変えることに近い。できないことはないけれど、非常に時間がかかる。
 
組織と価値観が合わない時、人は自分の中での仕事の重みを下げたり、自分の価値観を抑えることで、こころの負担を減らそうとする。仕事が好きな人や価値観を大切にしたい人にとって、それは苦しい。
 
  
ということで、自分の価値観を第一に働きたいひとは、自営業(あるいは起業)を候補にいれてみてほしい。最初から起業一本で生計を成り立たせるというより、副業でやってみて、どんな感じかをつかんでみるのがおすすめだ。
 
※構想だけで今の仕事を辞めるのは賭け要素が大きい。まずはごく小規模で、試しにやってみるのがいいよ。試してみてお金になりそうだとわかってから、本格的にやるのがよい。副業が禁止されていて動きにくい場合は、無料で提供しお礼にごはんをおごってもらうなど、工夫してみてね。
 
 
身近な人にサービスを提供してみて「自分の価値観そのままで働くってこういうことか」「これがお金になるのか」と実感してみてほしい。
 
 
なお、オフィスを構えたり人を雇ったりしなくても、初期コストを抑えて自分で仕事をしてみる方法はたくさんある。探してみてね。
 
例)ボディワーク→時間貸しのサロンをレンタルして施術する。ベッドなども貸してもらえるところがある。
例)製造系→自分で図面を書き金属加工のオーダーを受けてくれる工場に発注し顧客に売った、という方もいる。製造業でも、試作品や最初の一歩はできる。
例)料理→家で料理教室
例)カウンセリング系→カフェ、自宅で行うなど。
 
好きで得意で自分の価値観に合うこと(つまり、適職)を仕事にすると、楽しく充実していて自然とがんばれる。好きで得意で自分の価値観に合うことで対価がもらえるので、どんどんやり、結果的に成果が出る。
 
組織での仕事に悩むひとは、価値観どんぴしゃで働くことを、一度経験してみるのがおすすめだ。自分で仕事をつくり働くスタイルが、意外と合っているかもしれないよ。
 
 
自分を大切に働く人を心より応援しています^^!


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】