なんでも相談室と適職診断のどちらを受けるか迷っている方へ

「なんでも相談室」と「適職診断」の使い分け

 
繊細の森のご相談サービスは、「適職診断」「なんでも相談室」の2種類があります。以下の違いがあります。
 

<適職診断>
・向いている仕事内容(=適職)を診断します

 

<なんでも相談室>
・人間関係
・HSP気質との付き合い方
・生き方
・働かなければと思っているけれど、なかなか動けない
など、「仕事内容以外のご相談」を承ります。

「仕事内容の問題じゃない気がする」
「転職しても同じことを繰り返すかもしれない」
と感じていらっしゃる場合は、なんでも相談室をご利用ください。

 

仕事内容だけでなく、人間関係やHSP気質との付き合い方なども相談したい

 
適職診断には70分必要なため、一度のご相談で適職診断と人間関係や生き方のご相談を同時に行うことはできません。
 
仕事内容だけでなく、人間関係やHSP気質との付き合い方なども相談したい、という方は
 
「なんでも相談室」で、人間関係やHSP気質などを相談する
 ↓
「適職診断」を受ける

 
という使い方がおすすめです。

 
心を整理した状態で適職を知ることで、その後の転職活動などを進めやすくなります。
 
 

「なんでも相談室」と「適職診断」どちらを受けるか迷っている方へ

  
やはり迷う、という場合は、お申込みフォームの「なんでも相談室(適職診断へ変更の可能性あり)」をお選びください。当日お話する中で、なんでも相談室と適職診断のどちらかをお選びいただけます。
  
 

よくあるご質問

そのほか、よくあるご質問はこちらからご覧ください。
【よくあるご質問】