繊細さん(HSP)敏感な五感とどう付き合う? 主に視覚・聴覚への対処法

敏感な視覚・聴覚がちょっと楽になるコツ

 
 
こんにちは、いせざきとうこです。
  
春ですね。
 
近所で工事が始まりまして
静かな環境を求めて外に出たところ
街のあちこちで工事をしていて(がーん!)
静寂を求めて、あちこちうろうろしておりました…!
 
さて。
 
【繊細さんお話会】 のなかで
繊細な感覚への対処法をお話したところ
好評でしたので、こちらでもシェアします。
 
~・~・~・
 
<繊細さへの対処法~いせざきとうこの場合>
 
◆前提
疲れてくると繊細さが増します。
繊細さが増すと、いろんな刺激に対するキャパオーバーが早くなる…という感じです。
 
基本性質:
静寂が大切。
頭の中も、物理的にも、片付いていることが大切です。
 
聴覚:夜はお風呂の換気扇の音が気になる。
視覚:情報が入りすぎると目のまわりが痛くなります。眉毛のツボ(?)がゴリゴリになります。
嗅覚:敏感だけど、あまり困らない。
触覚:ふつう(当社比)
味覚:ふつう(当社比)
 
 
~・~・~・
  
 
◆体調のチェックに、敏感な感覚を利用する
→いせざきとうこの場合は聴覚を利用します。
 
聴覚が敏感なので
音楽を聞けるかどうかで、自分の調子がわかります。
 
例)
 
・歌詞のある音楽が聞きたい。J-POP!
 →好調!
 
・歌詞のない音楽が聞きたい。JAZZ、ピアノ。
 →落ち着いている。いい感じ。
 落ち着いてやる仕事のときは、あえてクラシックを聴いたりもします。
 
・音楽を聞けない。海の音をミュージックを流す
 →ちょっとお疲れ。波音で頭のなかの雑音を流す。
 
・海の音も無理。orz
 →疲れている。いっぱいいっぱいになっている。休みます。
 
 
海の音も無理orz!
となったとき、私の場合はたいてい情報過多です。
 
SNSはほんの一部でして
人の話をたくさん聞く、街に出る、人と会う…
といったことでも情報過多になります。
 
 
~・~・~・
 
 
◆情報過多のとき、どうするか?
→敏感な感覚を保護する。
 いせざきとうこの場合は、視覚と聴覚。
 
 
<外にいるとき>
・メガネを外す。
(物理的に見えなくする。視力をおとす)
 
・イヤホンでヒーリングミュージックを聴く
 
 
<家の中にいるとき>
 
・できるだけ片付ける
・明かりを落とす
(光の刺激を減らす。みえるものを減らす)
 ↓
それでもだめなら…
 ↓
・真っ暗な部屋で布団にもぐる!笑
 
視覚からも情報が入ってくるので
お布団にもぐって情報をシャットアウトします。
1時間ぐらいじっとしていると、ずいぶんすっきり。
 
~・~・~・
 
繊細さは、ちょっとめんどうだけど
上手に付き合っていけば、なかなか良いものです。
(いろいろ感じ取る力は、相談業でものすごく活躍しているよ!)
 
 
どなたかの参考になれば幸いです( ´ ▽ ` )ノ★
 
(繊細の森・いせざきとうこ)
 
 
 

繊細の森では、繊細さん・HSP(Highly Sensitivity Person)からのご相談を承っています。
・自分に合う仕事を知りたいは、適職診断をどうぞ。→【お仕事診断】
・繊細さんならではのお悩みや人間関係のご相談はこちらをどうぞ。→【なんでも相談室】

 
 

※繊細の森について 
 
繊細の森では、内向的で感受性が豊かな「繊細さん」を応援しています。自分らしく進むためのヒントをコラムとして発信したり、繊細さん同士がつながる場所として繊細さんリンク集の公開を行っています。また、定期的なメルマガの配信や、繊細さんならではの悩みを相談できるなんでも相談室も行っています。気になったコンテンツを見てみてくださいね。


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】