職場の人間関係が辛い時は、心の深さに注目しよう。

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
 
繊細さんたちから「職場で、自分の気持ちを分かってもらえない」「無遠慮な言動をする同僚がいて、辛い」と、人間関係のご相談をいただくことがあります。
 
※繊細さん(HSP Highly Sensitive Person)については、【こちら】をご覧ください。
 
ご相談例を挙げますと……。

・気の強い後輩が入ってきて、上司がいる場でいろいろ質問される。私だったら、上司の前では聞かないようにするし、もっと遠慮するのに。なにか嫌われるようなことをしたかな……。
 
・遠くに出張するとき、朝から晩まで予定を入れられてしまった。現地を見て回る時間をとりたかったのに、どうしてあの人は僕の都合を考えてくれないんだろう……。
 
このほか、ずけずけ物を言う、大切なことに無遠慮に踏み込んでくるなど、自分だったらしないことを相手がしている場合でも、実は相手に悪気がないケースがあります。
 
考えや価値観の違いだけでなく、心の深さにも個人差があるのだと考えると、すれ違いの原因がみえてきます。
 
 

職場でのすれ違い。繊細さんが陥りがちなこと

 
身長に個人差があるように、心の深さにも個人差があります。(優劣ではなく性質の差だと捉えてくださいね。)
 
繊細さんは相手の気持を察する人が多いです。心の深い人が多い、ともいえます。

 
心の深い人は、相手の気持ちをよく察します。察するので、相手に配慮することも得意です。一方、心の浅い人は、そもそも相手の気持ちがわかりません。わからないからこそ、配慮するのも苦手です。相手に配慮する場面だということも、そもそもわからないのです。
  
心の深い人々は相手に配慮するのが当たり前なので、相手の配慮が至らなかった時、まさか相手が配慮「できない」性質だとは気づきません。
 
相手の配慮が足りなかったとき「配慮できるのに、あえてしなかった」と捉えてしまうと、「配慮してくれないのは、私を嫌いだからだろうか。あの人に嫌われるようなことを、なにかしてしまっただろうか」と気をもんでしまいます。
  
実は配慮が至らないのはその人の性質であり、無遠慮に見える言動が、その人の「普通」だった……というケースがあるのです。心の深さに個人差があることを知っていると、こういったすれ違いが防げます。
 
 

職場で円滑な人間関係を築くために

 
職場で「なぜあの人は私の気持ちをわかってくれないのだろう」「なぜあんな言動をするのだろう」と感じることがあったら、相手をよく観察してみてください。その人は、他人の気持ちを察するのが苦手な性質なのかもしれません。
 
心の深さに個人差があると知ることで、相手の言動に気をもむことが減ります。人間関係を円滑にするヒントとして、心の深さをぜひチェックしてみてください。
 
 
(繊細の森・いせざきとうこ  編集補助・首藤タツル)
 
 
 


/

同じ内容を、動画で解説しています。あわせてどうぞ!

 
 

繊細の森では、繊細さん・HSP(Highly Sensitivity Person)向けの適職診断を承っています。詳しくは、こちらをご参照ください。→【お仕事診断】

 
 

※繊細の森について

繊細の森では、内向的で感受性が豊かな「繊細さん」を応援しています。自分らしく進むためのヒントをコラムとして発信したり、繊細さん同士がつながる場所として繊細さんリンク集の公開を行っています。また、定期的なメルマガの配信や、繊細さんならではの悩みを相談できるなんでも相談室も行っています。気になったコンテンツを見てみてくださいね。