「そうそう、そういうことがしたかったの!とワクワクしました」〜仕事を辞めると決意したKさん

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
お客様のご感想です。
 
仕事を辞めると決めたものの、次の仕事にワクワクできなかったというKさん(20代女性)。相談を通して自分の生き方を肯定し、「面白そう!実現したい!」と思える仕事をイメージできたそうです。
 
(掲載許可をいただいています)

 
◇相談前は、どのような状態でしたか
 
仕事を辞めることが決定したものの、次に何をしたら良いかわからない。
 
候補となる仕事はいくつかあるものの、どれも心配な要素があり、いまいちワクワクできない。何故ワクワクできないのか自分でも分からないし、辞めることについて周りの人にあれこれ言われては凹んでしまう状態。
 
 
◇相談してみて、いかがでしたか。
 
とうこさん、昨日はありがとうございました!思い切って適職診断に申し込んで、本当に良かったです。
 
とうこさんと話した後の状態を一言で言うとしたら、「もうこの先はラクしていいんだ!」です。
 
 
今までの人生の中で、1つのことをずっと続けられない自分に嫌悪感を抱いていました。それに対して、色々な人から「根気がない」「もっと我慢強くならないとダメだ」と言われることもありました。続けられない自分はダメなんだと自分でも嫌悪感を抱きつつ、かといって、何かを続けようとするといつも違和感が大きくなっていってしまい、終わりにせざるを得ず…なので今回の仕事を辞めると決めた時も、「結局私は社会に適応できない人間なんだ」とさえ思っていました。
 
でもとうこさんに、「あなたは1つのことをずっと続けようとすると燃え尽きてしまう。いくつもの仕事や場を掛け持ちする、そのバランスそのものがあなたの土台になる。」と言ってもらえたとき、ずっと禁止されていたことをやらせてもらえた時の子供のような感覚でした!
 
色々なことをちょこちょこやる、その広く浅くの生き方でもいいんだ、生きていけるんだ!と思いました。そして、実際に色々な仕事を掛け持ちしている自分を想像したら、「ラクそうだな」と思いました。ストレスがなさそうだな〜のびのびしてるだろうな〜と。(*^^*)
 
 
とうこさんに、自分がやりたいと思ったことをイベントにして参加者を集める、そんな仕事をしてみたら?と言われた時、今まで自分では思いつきもしなかった仕事のはずなのに、そうそう、そういうことがしたかったの!とワクワクしました。
 
自分でもぼんやりと感じていたのに ハッキリとは存在を把握してなかったような、自分の強みややりたいことが、とうこさんの力で寄せ集められたような。そんな感覚でした。面白そう!実現したい!と思っています。

 
まだ今は、それを実現するためにどうしたら良いのかイメージがふわっとしていますが、「まずは身近な人に、みんなで楽しもうよと言うこと。それがスタートです」と言われてハードルが下がりました。考える前に少しずつ動いてみたいと思っています♪
 
 
今回の適職診断のおかげで、自分の中のモヤモヤを無視せずに 今の仕事を辞めると決意をしてくれた自分自身に、初めて感謝することができました。
 
とうこさんの、深く深く掘り下げて親身に話を聞いてくださる姿勢、私の未来を信じきっているような表情に、とても救われました。また整理がしたくなったら、その時はよろしくお願いします!本当にありがとうございました*^^*
 
 
◇これからやってみたいことがあれば教えてください
 
まずは今月、友達にアクセサリーを教える予定があるので、それと同じようなことを 色々な知り合いにちょこちょこやっていこうと思います!少しずつ広がってきたら、徐々にブログなんかも立ち上げてみたいです♪

 
Kさん、ありがとうございます。
 
Kさん、イベントをやるときはぜひ呼んでください。行きますね! Kさんの開花をとても楽しみにしています!^^