「転職の面接時にも、前向きに話せそうです」〜前々職の葛藤を手放したOさん

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
お客さまのご感想の紹介です。
 
前々職でどうしようもない状況に巻き込まれ、退職に至ったOさん。なんでも相談室でご相談いただくうちに、安堵し、「転職の面接時にも前向きに話せそう」と心境が変化したそうです。
 
 
(掲載許可をいただいています)

  
◇相談前は、どのような状態でしたか
 
気にしすぎることを面倒な人間だと言われ続けていたので、自分の「性質(HSP的な)」を自分でも責め続けていました。
 
だから、自分が決めたことであっても、自分の判断に、いつも自信が持てませんでした。
 
 
◇相談してみて、いかがでしたか。
 
一番は、前前職の退職に至った、環境の葛藤を、話せて良かった。実は、なんとなく話したくなかった思いが強く、今まで誰にも話した事がありませんでした。
 

とうこさんの冷静な「交通事故のようなものだったと思う」という一言に、安堵しました。
 
私が悪いわけじゃないって思いを、ずっと握りしめていたことに気づきました・・・仕方がないと言いながら。

 

話したくなかったのは、「あなたも悪い」って言われると思い込んでいたのかもしれません。そして、どこかに「わたしが悪い」って、思っていたのかもしれません。実は5年も、根に持ってました〜 笑!
 
ふっと、気が抜けました。

やっと過去にできたような、そんな気持ちです。
転職の面接時にも、前向きに話せそうです。

 
 
◇これから「やってみたい」「やってみよう!」と思う行動がありましたら教えてください。
 
楽しむこと、好きなこと、集めをしてみます。
 
いま、ずっと追いかけてきた仕事を失って、ほっとしたような寂しいような、虚無感が強いです。
ただ引きこもると、ずっと引きずってしまいがちなので、新しい環境下にいこうと思います。
 
見つかりますように!
ではまた。
 

 
Oさん、安堵なさったとのこと、良かったです!
 
楽しいことや好きなことを、存分になさってくださいね^^