食を大切にする人は、心が安定している

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
最近、食でつながるSNSを楽しんだり、料理上手な人と知り合う機会があり、「人は、自分を大切にすると、食に行き着く」ことを感じています。
 
多くのお客様を振り返っても、食を大切にしている人は、心が安定している傾向にあります。
 
 
 
「食を大切にしている人は、心が安定している」ーーーこれって、考えてみれば当たり前なのです。
 
 
 
心と体は繋がっているので

「今日はなにを食べようか?」
と自分に聞くたびに
 
「いま、わたしの体は何を欲しがっているの?」
と、体の状態(=体の声)に耳を澄ませているのです。
 
心が安定している人ーーーつまり、自分を大切にしている人は、自分の体の声を聞くのが上手なのですね。
 
 
 
逆に言うと、
仕事が忙しすぎる、自分をキライ、など
「自分以外のなにか」に心を奪われている状態では
食を大切にすることが難しい。
 
「食べる」って、朝昼晩+おやつやお茶など、一日に何度もあるので
自分以外のなにかがメインの状態では
「いちいち自分にかまっていられない」のです。
 
 
 
自分自身を振り返ると、
わたしは会社員時代、毎日深夜まで働いていて(メーカーで商品開発をしていました)
実験場となりの休憩所で食べるカロリーメイトが日々の晩ごはんでした。
 
「今日は何味にしよう? チョコ味にしようかな?」
みたいな毎日は、良い思い出ですが(笑)
 
いま振り返ってみると
「動けるだけのカロリーを摂取できればいい」という考えでもって
体調を崩しても薬で抑えて働く日々は、
やはり、自分を大切にしているとは言えないなぁ。と思います。
 
 
 
「納期が迫っているのに、あの仕事もこの仕事もできていない、時間がない、できないなんて自分はダメだ」と
自分を追い立てることをやめ
 
独立を経て
「あれもこれもやりたい! 今日もよくできた!」
と、心に余裕をもって、やりたい仕事をやるにつれ
 
昆布で出汁をとり、干し柿をつくり、魚をさばくようになり
 
自分の体がなにを欲しがっているのか、少しずつわかるようになっていきました。
(それでいて、労働時間は、会社員時代とほぼ変わらないのです。心の余裕の大切さよ…!)
 
 
 img_4278
 
 
 
心と体はつながっているので、体の声は、心の声です。
 
「今、なにを食べたい?」
「おー、いま、カフェインの気分じゃないんだね、すこし休もうか?」
 
と、体の声に耳を澄ませている限り
心が望むほうへ、人生を歩んでいけるんだろうと思っています。
  
みなさまも、どうぞ、おいしい日々を^^
  
 
★関連記事
【漫画レポート】心と体がリンクする話
「人間っぽく働きたい!」そう思ったら叶えに行こう!
季節を感じる、人間っぽい暮らし。我が家の場合

テーマ:繊細さと上手に付き合う |2017-07-17

★産休が終わりまして、7/28より復帰します。ご予約受付を再開しました。

mori-teki

mori-nan