うまく分担するコツ~得意な人が得意なことをする( ´ ▽ ` )ノ

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
この記事→【得意な人が得意なことをする】の補足です。
 
 
<得意な人が得意なことをする! うまく分担するコツ>
 
o0550030212970995411
 
STEP1.
「得意な人が得意なことをするほうが成果が出る」
という考えを、家庭内・組織内で共有します。
 

「得意な人が得意なことをするほうが成果が出る」という考え方を
 
・そもそも知らない場合
・苦手なことを克服すべきだ! という考えを持っている場合
 
があります。
 
そういうときは、
 ・料理が好きな人が料理をし
 ・掃除が好きな人が掃除をする
ほうが、精神的に楽だし、おいしいものが食べられるよ 家もキレイ!
という例などを使って、説明します。
 
 
STEP2.
自分は、なにが苦手なのか?
 
・どこまでが苦じゃなくて、
・どこからが苦しい/嫌なのか
はっきりさせます。
※ささいなことでも「苦しいことは苦しい」でよいのです
 
例)炊飯器のスイッチオンならできるけど、お米をとぐのは苦しい
 
 
STEP3.
 
1.○○が苦手だ…、とはっきり伝えます。
2.代わりにやってほしいけども、相手にとって、それがどのくらいの負担か?
を確認します。
 
そして、
よくよく、よーっく話し合います
 
なにごとも話し合いが基本ですしゃきーん
 
※「わかってもらう姿勢」でいきます。最初から戦ってはいけません
 
※こちらの「相談室レポート・コラムもご参考にどうぞ。
【あなたの言葉は伝わる。思いを伝えることは、わがままとは違う】
【だんなさんと戦ってはいけません】
【相談室から2ヶ月後のお便り】
 
 
---
 
・話し合えない
・切り出しにくい
・我が家は○○です。任せられるところってあるのかな…?

という場合は、なんでも相談室へどうぞ!

テーマ:HSPの人間関係 |2014-12-26

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan