(後編)繊細さんが一緒に暮らすとどうなる?~落ち込みループを脱出する具体策。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
相手の気分を察知しやすい、繊細さん。
相手の気分を察して、知らないうちに自分が落ち込んでいる…!
ということが、時折、起こります。
 
 
親子・恋人・夫婦など
繊細さんどうしが一緒にいて
お互いの気分に同調して、ふたりとも落ち込むスパイラル
はまってる…!
 
とういうとき、どうする? という話です。
 
 
前編から続けてどうぞ→【前編はこちら】
 
t02200295_0358048013180896142
 
 
<前提~対策を打つ前に>
 
お互いに
・「相手の気分を察知しやすい性質だ」という自覚があって
・落ち込みループを、「なんとかしたい」という気持ちがある
ことが、対策前の大前提です
 
 
対策(実例)>
 
1.お互いに、自分と相手の状況を把握する。
 
 
~夕食後の会話~
 
 
つりー「とうこ氏のエネルギーゲージ、3ぐらいだね」(←相手の状況を確認・知らせる)
 
とうこ
「そうか。うん。
原因(=つりー氏につられてた)がわかって、ちょっと回復した。(←自分の状況を確認)
君のエネルギーゲージはどのくらいかね?」(←相手の状況を確認)
 
つりー「3ぐらい。エネルギーっていうか…、余裕が3ぐらい」(←自分の状況を確認)
とうこ「ほい。了解」
 
↓↓↓
 
2.元気な方が主導して、落ち込みループを脱出する。
 
※今回はつりー氏がへこみ気味だったので、私が主導。
※つりー氏が浮上するには「気になってることを片付ける」のが良いようです。
 
 
とうこ「まぁ座ってなよ」
↑食器を洗う。いつもはつりー氏におまかせ。
 
 
~テーブルとキッチンが片付く~
 
 
つりー「う。なんかすっきりした。食器、気になってたのかなー…」
↑いつもなら、なんともない。
 
 
~しばらくして~
 
 
つりー「梅。残りの梅を漬ける…!」
↑先日から小瓶で梅干しを作り始めたのだが、
 大瓶の配達を待っているうちに残りの梅が熟し始めた。
 
とうこ「うん。梅つけよう。重しを消毒する」
↑鍋に湯を沸かす。
 
 
つりー「えっと。この瓶にこの梅入れるか、あの瓶に移し替えるか…」
↑人のデータ分析は得意だが、自分用の片付けや分類は苦手。
 
とうこ
「パターンA! 大瓶に残りの梅を全部入れる。
パターンB! 小瓶を大瓶に移し替えて、小さい瓶は梅酒にする
パターンC! ○○にするという手もあり」
↑分類好き
 
 
つりー「パターンA!」
とうこ「ほい」
 
 
↓こうして一番右の大瓶が増えました
 
気になっていた梅を無事に漬けられて、つりー氏は少しスッキリしたようです。
 
o0588046013333516348
 
まとめ。
落ち込みスパイラルに入ったかも?という時の、繊細さん・チェック!
 
---
 
✔ 相手の気分や体調に、影響を受けている可能性がありますか?
 
✔ メインで落ち込んでいる(余裕がない)のは、自分/相手/両方?
 
✔ 動く気力はありますか?
  ※無理は禁物。元気が足りなかったら、ひとまず静かなところで横になります。
 
✔ 相手が落ち込んでいる場合、どうしてほしいか聞いてみよう。
  ※「私にしてほしいことはある?」など、聞くと良いです。
  ※「ほっといて」と言われたら、そっとしておこう。繊細さんは、1人の時間が大切です。
 
---
 
性別にかかわらずバイオリズムはあるようなので
落ち込む時期や、余裕をなくしがちな時は
 
「そのうち元気になるから、大丈夫」
「まぁ、そんなもんだ」
と、どーんと構えつつ
 
気になることを無理のない範囲で片付けて
あとは体と心を安めましょうにへ
 
 
繊細さんの歩き方でした~♪
 

テーマ:HSPの人間関係 |2015-06-11

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan