洗濯機の衝撃~人を頼るということは。

こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
なんでも相談室・コラムです。
 
【人を頼るということ~洗濯機の衝撃】
 
 
なんでも相談室で、
「もっと人を頼りましょう」
とお話することが、非常によくあります。
 
 
いい例え話がないかなー、と思っていて、
思いつきました。
 
「洗濯機」です。
 
人を頼る、助けてもらう、というのは
「洗濯機を使う」イメージです。

 
o0253025613103997671
 
よくある会話・洗濯機バージョン。
 
◆パターン1.
 
とうこ「この世には【洗濯機】というものがあるのですよ」
=人に頼ってもいいですよ
 
お客様「ええ!? 
 そんな…そんな…
 わたしも洗濯機使って良いんですか?」
=わたしも人に頼っていいんですか?
 
とうこ「あ、いいですよ。
 普通に使いましょう、洗濯機。
 手で全部洗ってたら大変です」
=全部自力だと大変です。
  
---   
◆パターン2.
 
とうこ「洗濯機、使いましょうね」
=人に頼りましょうね
 
お客様「ええっ、洗濯機!?
 熱があったり、 具合が悪かったら
 使っても良いかなぁと思うんですけど…」
=自分が動けないときしか、 人に頼っちゃいけない!
 
とうこ「いや、いつでも使いましょう。
 洗濯機、毎日、使いましょう」
=いつでも人に頼りましょう!
  
--- 
◆パターン3.
 
お客様「洗濯機、使ってもいいんでしょうか…社会人なのに…」
=大人なのに人に頼って良いのかな
 
とうこ「ああ、いいですよ。
 洗濯機とは大人も子供も使うものです」
=人に頼る、助けてもらう、というのは年齢 問いません
 
<余談>
※パソコン操作とか、小学生のお子さんの方が詳しかったりしますよ
 パソコン操作に困ったら小学生に聞いてみる(頼ってみる)のもアリです
 
 
* * *
  
こんな感じ^^
 
人に頼る、助けてもらうことが
できるようになると、
 
「人生が楽!!!」
 
それこそ、
【生活に洗濯機を取り入れた状態】
になります
  
いつでもどこでも、どんどん洗濯機使いましょう~!
 
* * *
 
・わたしも洗濯機使いたい!
・コンセントどこーっ!?
 
という場合は、【なんでも相談室】へどうぞ。
 
あなたに合わせた洗濯機の使い方をご案内いたします