起業。なかなか動けない人は「小さく始めて大きく育てる」を取り入れよう

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
今日は、起業している人・起業を考えている方に向けて、「小さく始めて大きく育てよう」というお話です。
 
 
起業している方やフリーランスの方々から、仕事の方針やメニュー作りのご相談をいただくことがあります。
 
仕事の方向性や形がみえた後、サッと売り上げや商品を改善する人がいる一方で、動けないまま時間が過ぎていく方もいます。
 
やる内容がわかって、心もそれを望んでいるのに、なかなか動けない。そういった方の傾向として
・完璧を求めすぎる
・最初から大成功を求めている
があります。
 
 
 
起業して何度か商品やサービスをリリースする(=実際に売り始める)とわかるのですが、売れるかどうかは売ってみないとわかりません^^; ここだけは譲れない!という大きなこだわりは大切ですが、販売前に細部まで完璧を追求すると、ただただ販売開始が遅れていきます。
 
スーパーに例えると、店内ディスプレイに時間をかけすぎて、売れる商品が店内にあるのに、なかなかお店を開けられない!みたいなもの。こだわりすぎず、なんなら平積みでも露店でも、とりあえず売ってみたらいいのよね。売れゆきがいいなら注力するし、売れないなら見直す。
 
  
  
こだわりすぎて販売開始が遅くなる人は、「とりあえず売ってみる。2週間後には売り始める」ぐらいのテンポで進めるといいですよ。

1.とりあえず売ってみる
  ↓
2.お客さまの感想を聞く。売れ行きもチェック。
  ↓
3.商品やサービスを改良
  ↓
1〜3を何度も繰り返す

 
一発で大成功を目指すよりこのサイクルを何度も回すほうが、商品の質も売れ行きも確実に良くなっていきます。地道だけど、着実です。
 
ということで、考えすぎて動けなくなったら、まずは小さくサッと売ってみてね!^^

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan