頭を休めるのにおすすめの本。気づくと考えごとをしている人へ

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
今日は、頭を休めるのにおすすめの本のご紹介です。
 
今、私はお風呂上がりに部屋の照明を暗くして、ロウソクつけて、あとジャスミンのお香を焚きながら、このコラムを書いています。
  
さて、気づくと何か考えごとをしてしまっているという人、いますでしょうか。私もそのタイプでして、気づくと世の中の人の心の仕組みを考察していおります。仕事柄というよりは、小さい頃からずっとなにかを考えている気がします。
 
考え続けて役立つ場面もありますが、やりすぎると頭がぐるぐるして眠れなくなりますね。(夢の中でも考え事をしているのがわかる……!)
  
 
わたしの場合、疲れているときって、たいてい頭が疲れています。頭が疲れているとき、体を休めてゆっくりしても、効果がない^^; 考えすぎて脳が疲れているから、脳を休めることが必要なのですな。
  
さて、最近考えすぎだな、頭を休める本はないか?と本屋さんをのぞいたところ、いい本を見つけました!^^
 
『世界のエリートがやっている 最高の休息法』久賀谷 亮 (くがや・あきら)著
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-16-12-42
 
タイトルがキャッチーですが(笑)なかみは、今流行りの「マインドフルネス」や「瞑想」をわかりやすく、かつ、科学的に説明している本です。
 
・脳が勝手に疲れてしまうのは、自動操縦で考え事をしてしまうから
・脳を休ませるためには、何をどうしたらいいの?具体的な方法♡
・脳と休息に関する科学研究の動向
など、専門的な内容が、物語形式でわかりやすく書いてあります。
 
 
この本を読んで「ああ、こうやってやるのかー!」と瞑想を取り入れたところ、ぐっすり眠れました。助かった……!
 
気がつくと考え事をしているなぁ、頭が疲れている!という人は、ぜひ読んでみてねー!

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan