言葉がぱっと出てこない。伝えるのが苦手、という方へ

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
ひとに伝えるのが苦手、とおっしゃる方のなかには
言葉がぱっと出てこなくて、伝えるハードルが高くなっているケースがあります。
 
本音を言うのも、直接伝えるのも、難しい…というとき。
 
 
 
そんな時には、伝える手段として
 
^^「その気持ちを、お手紙に書いてみませんか?」
 
とご提案しております。※人によってはメールor企画書orブログetc.。
 
 
 
ご家族にも本音を言えなかった、というKさんに
ご相談から4ヶ月後、嬉しいお便りをいただきました^^
 
20160419
 
(掲載許可をいただいています)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
とうこさん*
 
 
12月にお話させていただいたKです。(略)
 
あの時とうこさんとお話をしてから少しずつですが心が変わってきました。
ありがとうございました( ^ ^ )
 
 
 
◯前回受けた感想~その後
 
なかなか本音が言えなくて、
自分の中で悩みを雪玉を作るようにごろごろ大きくしていた私。

(感じることはできてもすぐ言語化するのが苦手なのかもしれません。)
 
 
とうこさんに手紙を書きましょう!とアドバイスいただき納得したものの、
お話の直後は人に悩みを話してしまった罪悪感と、
実行できる気がしない・・・と、どよーんとしておりました。
 
 
 
その後、転職活動がどんどんと進み、
まずは気になるところに応募→面接と、1月中旬に数社から内定をいただきました。
 
自分でも驚きの内定!だったのですが、
本音は内定きてしまったな、という感じで。(略) 
このまま就職するのか悩みました。(略)
 
就職できたんだ、よかったという安心感。
でも行く前からいやだと思っている心の中。
 
やめよう。そう思って、内定を辞退しました。
 
 
 
その日は誕生日だったのもあり、母に手紙を書きました。
いままでの感謝の気持ち、私の伝えられない性格、自分でものを作る生活がしたい

(前にもアクセサリーを作ったり、洋服を作ったりしていたのです。)など。
 
手紙は、結局渡せなかったのですが(´∀`; )直接伝えました。
 
 
やっぱり東京で働くのやめる、ものを作って今度は売ってみようかな。
とだけ伝えると、
 
合わないんじゃないかと思ったーよかったー、なんでもやってみるといいよ、と
意外とあっさり受け入れてくれたのでした。
 
 
 
渡せなかったけれど、手紙にすることで伝えたいことを整理できたんだと思います。
 
パッと言えない。時間はかかるけど、言葉をねりねり書く伝え方が合っています。
 
感じたことをそのまま放っておくのではなく、
スマホにメモしたり、短文であっても文章にすることで
ちょっとすっきり!させるようにしています。
 
 
それから家族が作ったものをいいね、と言ってくれるので、とっても嬉しいです!

 
(略)
とうこさんに会えてよかったな、としみじみ思いました。
遅くなりましたが改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
Kさん、ありがとうございます。
ご自身のお気持ちを伝えることができて、本当良かったです!
 
 
 
口頭が苦手かも、という方
ぜひ手紙やメールを試してみてね^^
 
 
 
※書く手段はお好みのものをどうぞ。お客さまがたからは
 
・ブログならすらすら書ける
・企画書形式がすき(パート先の上司用)
・手書きの箇条書きがよい
・気持ちがモヤッとしたらパワーポイントにまとめる(←仕事のツールだと慣れててよい)
・英語がすっきりする
・筆ペン、マジックがよい
・ふせん
 
など、伺っております。
 
 
 
まずは心を整理したいという方は、ご相談にいらしてね^^


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】