【仕事選び】異分野へ転職したいとき。使う力をみてみよう

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
「畑違いの分野の仕事をしたい。
でも、これまでの仕事と違う分野なので足がすくむ。」
というご相談を受けて、コラムです。
 
 
 
異分野へ転身するとき、いろんなパターンがあるのですが
「異分野の仕事でも、使う力は同じ」
ということがあります。
 
そうなると、転職・転身するのに
分野は関係ないです。
 
 
 
 
例えば、私は
商品開発をする理系の技術者

画家・カウンセラー
へ、転身しています。
 
 
「全然違うお仕事ですね」と驚かれるのですが
商品開発とカウンセリングは、
( 私にとって)実は似ています。
 
 
私がメインで使っている力は、ざっくり書くと
【事象を分析し、ベストな状態へ向けて改善する】
という力でして
これは商品開発でもカウンセリングでも同じです。
 
 
使う力は同じ。
扱う対象が、商品から人の心へ変わった。
という理解をしています。
 
 
 
このように、根底の力が共通していると
全く異なる分野への転身でも、比較的スムーズに成り立ちます。
 
 
 
同じ力でも
「異分野で働く方が力を発揮しやすい」
ということは、よくあるので
分野にとらわれすぎなくて、大丈夫ですよ^^
 
20160329

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan