自分らしく生きるときの、3つの柱

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
自分らしく生きる過程でなにが起こるのか?
 
これまでの自分の経験や
なんでも相談室お仕事診断・ゆるふわ起業講座での、お客さまの傾向をまとめました。
 
 
自分らしく生きるとき
---------
・力を発揮する
・自分のことを自分で受け止める
・他者と対等な関係を築く
---------
この3つを繰り返して、自分らしさが促進されていきます。
(取り組むたびに、それぞれが力強さを増していきます)
 
20160210-1
 
3つに取り組んだ時に起こる現象・気持ちの例を挙げると…
 
 
 
◆力を発揮する
 
自分に合う場で力を発揮し続けることで
自分を認める基礎ができていく。
 
現象でいうと
「自分での評価と、外からの評価が一致しだす」
(もしくは、外からの評価が自分での評価を上回る)
 
「がんばらなきゃ、という焦りが減る」
「のびのびと仕事する」
「さらに自分を活かすには、に注力していく」
 
 
◆自分で自分を受け止める
 
誰かに 過度にわかってもらったり
認めてもらったりしなくても、心が安定していく。
 
現象でいうと
「自慢が減る」
「人生うまくいく。なんだか大丈夫。という根底の安心感がうまれる」
「安心感をもとに、チャレンジする」
 
 
◆他者と対等な関係を築く
 
現象でいうと
「依存されなくなる」
「憧れが尊敬になる」
「落ち着いた意見交換が可能になる」(反対意見に対して過激に反応しない)
 
~・~・~・
 
人間関係・依存・仕事を変えることetc. 
具体的に取り組む課題は、その都度 違うのだけど
 
分野としては、およそ上の3つに分けられるのかなと思っています。
(自然にやっているひとは、途中からスタートです)
 
 
 
こうやって言語化してみて
「おー、今取り組んでいるのはこの分野なんだな」
と、わかるようになりました^^
 
のびのびと生きていくことに終着点はなく
私自身、3分野を柱に どんどん成熟させていきます。
 
 
20160210-2
 
クライアントさんが素を活かし
笑って生きることを大切にしています。
 
のびのびと進みたい方、お声がけくださいませ^^
 
 
◆こちらもどうぞ
 
バナナは北極でがんばらない。暖かい場所に移る。
がんばり続ける世界を出ると、心が静まる。~相談室ご感想。
 
職場が変わっても人間関係の辛さを繰り返す場合~なんでも相談室・レポート
全く別の角度からの【光】でした~ご相談から1ヶ月後のお便り。
 
 
※お知らせ:ゆるふわ起業講座は、なんでも相談室に統合しました。

テーマ:繊細さと上手に付き合う |2016-02-10

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan