【幸せをふやす】追い求めるものを持つ。~ラクと楽しいはちょっと違う

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
仕事もプライベートも
変に頑張ることがなくなり、
するする進むようになって数ヶ月。
 
「幸せをふやすにはどうしたらいいのか?」
に目がいくようになった。
 
 
 
ここ最近思うのは、
「やりがいとか生きがいって、大事なんだな」ということ。
 
 
 
自分が得意なこと……得意すぎることを仕事にすると
 
楽しい、面白い、とは思っても
乗り越える感じではないので
やりがいがある、とはちょっと違う。
 
 
※逆に言えば
大きな達成感や、やりがいを感じているのなら
どこかで自分の不足を乗り越えているということなので
「本当に得意なこと」ではない可能性が高い。
 
 
 
力を入れず、すっとできることをメインの仕事にするのが「ラク」ではあるのだけど
 
「すべてがラク」
だと、なんだか生きている意味がわからなくなってくる。
 
 
 
 
 
少し力のいることに取り組むと、人生が楽しい。
「噛みごたえのある人生」になる。
 
 
 
相談室のお客様が
長い年月がかかるであろう、とあることを
「これはモノにしたいんです」
とおっしゃっていて、とても素敵だった。
 
 
私も、得意なことは得意なこととして磨きつつ
「力を入れてやること」を取り入れていこうと思う^^
 
 
私の場合、「えい!」と力がいるけど楽しいのは、小説を書くこと。
こちらから読めるので、ぜひどうぞ!
 
 
→【物語byいせざきとうこ】
 
20160109
 
◆こちらもどうぞ。
 
がむしゃら時代から、ゆるふわに生きるまで。
そこそこ生きていけるとき、何を目指せばいいのか?~精神科医・泉谷閑示さんのセミナー。
ときめき水準が上がると、ちょっと大変。~追求と満足の果てない追いかけっこ。

テーマ:繊細さと上手に付き合う |2016-01-09

※出産のため2017.5月〜7月末までお休みを頂きます。8月再開予定です。
再開時は混雑が予想されますので、先行案内をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。

先行案内ご登録フォーム

mori-teki

mori-nan