【繊細さんのコツ】人と会うのが楽しいけど疲れる場合。~心地よい範囲で離脱する。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
【なんでも相談室】には
いろんなことを感じやすい繊細気質の方が数多くいらっしゃいます。
 
 
そのなかでも、よく聞くお悩みがこちら。
 
(ノω・、)「大勢の場が苦手です」
(ノω・、)「人と会うのは、楽しいけど疲れます」

---
 
人の感情や、場の雰囲気、空気の流れ、音、光etc.
 
繊細な人・感じやすい人は
「いろんなことを感じている」ので
 
感じにくい人よりも、処理する情報が多く
結果「ひとより疲れやすい」ということが起こります。
 
それは「足のサイズが○cm」みたいな「性質」なので
嘆く必要も、疲れる自分を責める必要もないのだよ。
 
 
↓まぁまぁ、飲みなすって。
20150925-1
 
感じすぎて疲れるとき。
 
相談室ではそれぞれの性質に合わせた対策をお伝えしていますが
どなたでも使いやすい策がこちら。
 
^^「心地よい範囲で離脱する」

 
 
これまでを振り返って
自分が心地よくいられる時間を確認すると良いです。
 
・だいたい◯分までは、心地よい
・◯分を超えるとしんどくなる
 
がんばったり耐えたりせずに、ふわっといられる時間を振り返ります。
 
 
・一対一なら◯分
・少人数の参加型(お茶会など )なら◯分
・セミナーなど講義型なら◯分
 
など、場や会う人によって時間が違ったりもしますが
およそこのくらい、とあたりをつけます。
 
 
 
そして、集まりに参加したとき。

心地よい時間を過ぎたら
速やかに離脱します^^

 
20150925-2
 
<パターン1.>
 
会の終了時刻を過ぎて、雑談が長引いているとき。
 
「すみません、そろそろ出ます」
と言えば大丈夫です^^
 
理由を言わなくて大丈夫です。
 
会の時間が決まってるなら、その後に予定があるのかな? というのは、みながそれぞれ想像してくれます^^
 
 
<パターン2.>
 
会の元々の時間が長くて疲れそうなとき。
 
事前に、主催者へ
「予定がありまして◯時に抜けます」
と一言伝えておきます。
 
さらに、自己紹介の場があるなら
自己紹介の最後に
「予定がありまして、◯時に抜けます~」
と、ぺこりとお辞儀しておけば、さらにスムーズです。
 
 
子供のお迎えが、とか
わざわざ本当に用事を入れたり、嘘をつく必要はなくて
 
ただ「予定があるので」と言えばOKです。
 
変に理由をつけると
それと違う行動をするのにドキドキするし、嘘ついてるみたいでなんとなく罪悪感を感じるひともいます。
 
 
 
休暇が予定であるように
休息も「予定」にはいります。

 
 
安心して
心地よい範囲で楽しんだら良いですよ~^^
 
 
* * *
 
 
ちなみに、私の心地よい時間は以下の通り。
 
・じっくり話すマンツーマンは、90分
・大勢で話がメインなら90分~2時間
・相手を放っといていいなら、半日でも平気( 例・家開放)
 
 
お茶会を主催するときは
まずは自分が心地よい範囲で楽しめるように
時間を短めに設定しています。
 
 
 
自分のことだから
自分で調整していいのだよ。
 
疲れる自分を責めるのではなく^^
理解して活かす方向がおすすめです^^

 
 
 
それでも感じすぎてぐったり、とか
いられる時間を長くしたい
というときは、相談室へどうぞ。
 
 
・イメージ力があるひとは○○を使うといいですよ
・心の根っこに○○があるから、そこから取り組みませんか
など、あなたに効きやすい対策をお伝えします^^


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】