罪悪感や、人に言えないことがある場合~心の深い人と付き合う。

こんにちは、カウンセラーの武田とうこです。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
なんでも相談室で
時折「深い罪悪感を持つ人」に出会います。
 
 
言えない本当の気持ちや
道徳的でない(とされている)こと。
 
 
誰にも打ち明けられない自分を
「誠実でない」と責めていたりします。
 
20150504-1
 
頭では
「もう、何年も前のこと」
「みんなだって、全部を言ってるわけじゃない」
とわかっていても
 
 
まわりに本当のことを伝えられないのは
嘘をついているようで、苦しい
と思っていたりします。
 
 
 
そういうご相談を受けて、おすすめしているのは
 
「心の深いひとのそばにいてください」
ということ。
 
20150504-2
 
まっすぐ、順調に生きて
つまづくことを知らない人は
 
「不道徳=許せない!」みたいになったりします。
 
本人のせいというより、「知らない」から「わからない」。
 
 
 
罪悪感を抱えている場合、
 
まっすぐすぎる人よりも 
 
どうしようもないことがある、と
身をもって知っている人と、一緒にいるといいです。
 
 
辛い経験を自分なりに消化して 
「人生、いろいろあるよね」と、受け止めている人のところ。
 
 
 
そういう人は、
「わかっている」ぶん、許可なく人の心に立ち入ることはしない。
 
人との距離を、様子を見ながら保つ。
 
 
 
だから、
どこかで出会って「この人いいな!」と思ったら
 
「お茶しませんか」とか
「ごはん行きませんか」とか
自分から誘うと良いのだな。
 
※相手の負担にならないように、 軽く誘うのがおすすめ。
 
20150504-3
 
いきなり深い話をしなくても
日常の話で良い。
 
「いろいろあるよね」と
わかっている者同士、どことなく通じるものがある。
 
 
そして
抱えているそのことを
 
言いたくなったら、言えばいいし
言わなくても、大丈夫。
 
 
見渡せば、
心深い人って
まわりに意外といるものです。
 
みつけてくださいね^^
 
 
※--注意点--※
 
・癒してほしい!
・話を聞いてほしい!
とか「○○してほしい!」ばかりにならないようにね。
 
お土産持っていくとか
お礼するといいです^^
 
 
そして、
「話を聞く」のも「会う」のも相手の自由なので
相手の意志を尊重して、対等なお付き合いを!
 
 
---
 
・私の場合、どうすれば…?
・聞いてほしい!
 
という方は、なんでも相談室へどうぞ。


  
●ご相談メニュー(東京・スカイプ・お電話)

※出産のため、5月〜7月末までお休みをいただきます。
ご予約は、お早めにどうぞ!

※最新のご予約状況は【こちら】

mori-teki

mori-nan

●無料メルマガ
HSP向けのお役立ち情報や、イベントのご案内などを配信中です。
【メルマガ登録はこちらから】